<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告 ...
エルフについて分析2
611人分のエルフを分析してみました。
今回はエナ寄りエルフのEE指数はどの程度かを調べてみました。

まずは611人のデータを調べてみると、明らかにステータスのおかしいものが
ありましたので、そららは削除しました。
残ったのは597人。

まずはこちら。


20050910231432.gif


力・敏・体力・エナのうち、一番多くポイントを振っているのはどれかをグラフにしました。
やはり体力エルフというのは存在しませんでしたが、力エルフはわずかながらいるようです。

エナに一番多くポイントを振っているエルフは全体の約55%。
2人に1人以上はエナよりエルフといえます。

今回はこのエナよりエルフのEE指数をしらべます。

一応おさらいでEE指数の定義です。
1レベル5ポイントとして、エナジーがどの程度振られているかを
割合であらわした数字が以下のEE指数。

0.99~   役立たず
0.95~0.99 最強マゾ神
0.90~0.95 マゾ神
0.85~0.90 マゾ
0.80~0.85 最強神
0.75~0.80 神
0.70~0.75 鬼
0.60~0.70 エナ
0.50~0.60 エナ系

このような言われ方をしています。
一昔前にできたものなので、呼び方が大げさですが、
ひとつの指標としては使えるものではないでしょうか。

では先ほどのエナよりエルフのEE指数をみてみます。

20050910232442.gif


マゾばっかりです。

先ほどもいいましたが、呼び方は大げさです。
実際は150レベルになるとチェンジアップの20ポイント、180で羽化による被ダメ軽減、
さらに2次羽、220を超えると1レベル6ポイントなど、指数を設定したときとは
状況が大きく変わっているので呼び方にはそれほどの意味がなくなっています。

では、それらを一定のレベル帯別にみてみます。

20050910232740.gif


やはり、~149のレベル帯では先ほどのEE指数の呼び方で問題ないようですが、
150を超えると徐々に指数は増えていくようです。

グラフは全体に対する比率となっていますので、EEと呼ばれる職種が
高レベルに多いということがわかります。
新規(?)も多少いますが、中間レベルがあまりいません。
最近は人気がないのでしょうか、途中で挫折するのでしょうか。
特に150~179のレベル帯はEEが非常に貴重な存在のようです。


EE指数とは古いものだからあまり意味がないといわれていましたが、
こうやって全体をみると、自分の指数がどの程度の位置にいるかがわかって
より参考になるのではないでしょうか。

ちなみに私は150~179の指数0.87・・・比較的貴重種のようです。

さらにEE指数以外も調べたものを私的メモのほうに後日アップしておきます。
興味のある方はトップページから、私的メモ→エルフ→エナエルを分析を参照してください。


----------------
この記事に拍手!
----------------
スポンサーサイト
2005/09/10(土) MU情報 trackback:0 コメント:0 ...
この記事にコメント






comment
trackback url
http://omonimu.blog5.fc2.com/tb.php/69-4ec02b12
trackback

<<おや エルフについて分析>>